個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

プロフィール

ゲーマーのリョウのプロフィール

出生

東京生まれの東京育ち

趣味

映画 ゲーム 漫画 ラーメン 温泉 一人旅 etc...

経歴

小~中学校時代

区内の小中を卒業。この頃から自分に自信がなく何か不安な毎日を過ごしていた。

友人もそれなりでき、よく友人家に集まり「大乱闘スマッシュブラザーズ」をやっていた。(あの頃はnintendo64全盛期だったなあ。。)

とにかくゲームが大好きな少年で毎日ゲームばかりしていた。

女性に苦手意識があったが、正義感は強かったらしく、いじめられっ子を守ったりしていたせいか学年に一優しい人ランキングという謎制度で表彰された記憶がある。(あの頃の正義感はいずこへ。。)

高校~大学生時代

女性への苦手意識と生物学、化学への興味から

都立科学技術高等学校という超理系の高校へ入学(今ではかなりの偏差値らしいが当時は自分の代で4年目だったため入学しやすかったのだ)

高校3年間も相変わらず女性には持てなかったが、部活に入り友人には恵まれたと思う。

女っけはなかったがそれなりに楽しかった高校生活から、パリピになってイケイケな大学ライフを送りてー!と安易な考えから特にちゃんとした考えもなく文系の4年生大学へ。

今思えばこの4年半(半年留年してしまった)が暗黒時代と呼んでもいい。

学内の友人はほぼゼロ。部活やサークルも在籍なし。単位もギリギリでイケイケパリピとはかけ離れた孤独な学園生活が待っていたのであった。

自分と同じ経験を持つ人は多いと思うが、大学という環境では自主的に友達を作ろうとしたり、居場所をサークルや部活やゼミでそれこそ自発的に入っていかないといけない。

これは社会になってからも同じかもしれないが、大学という場所は自分で望んで行動を起こさなければ何も成しえないのだ。(あとパチンコ、スロットにハマってしまったのもまずかった。)

思えばこの頃くらいから、働いて稼ぐ。ということの他に自分で稼ぐ。ということを意識していた気がする。

例えば、当時大流行したAKBのグッズやイベント限定品をオークションで売ったり(要は転売)、前述のパチンコやスロットで勝てる台(スロットには設定というものが存在し、設定が高い台を一日打てば結構稼げた)を勝てそうな日に勝てそうな台を模索して打つなど。今思えばどれも小銭稼ぎ程度のものだったが、当時学生の私はアルバイトを辞めてもそこそこ遊べるくらいの金額を稼いでいた。

ただ、その稼ぎ方は将来につながるようなものでなく一時的な金稼ぎ手段だったというこのが非常に残念ではあるが。

社会人生活

まともに学内で人間関係を広げようとせずに自分の好きなことだけをしていた男に社会人生活は想像以上にしんどかった。

最初に就職したのはなぜか地元の葬祭会社。本当は冠婚葬祭の営業になるはずが気づいたら葬祭スタッフになっていた。

この葬儀屋さんがまあしんどかった。夜も泊まり込み。就業時間もお通夜などで遅く、しかも仕事もできないペーペーだったので上司にはこっぴどく怒られるはで色々あって一年でドロップアウト。

その後、半年ほどアルバイトなどしながら進んだ道は『エンジニア』という道だった。訓練校や勉強をしてCCNA、LPICを取得しインフラエンジニアをメインとし派遣している会社に正社員として入社した。

その後3年半、様々なプロジェクトでエンジニアとして働くが、思ったのが

「あんま面白くないなあ」だった。まあ仕事なんてそんなものかもしれない。

楽しい仕事している人なんて一握りだよ。そういう人もいるかもしれないが、ITという分野を選んだのは「やりたいから。」ではなく「今後需要がありそう。」という理由からだ。

選択としては決して間違いではないと思う。今後は普通の会社員よりITに精通する技術者が必要になってくるのは間違いないだろう。

ただ、システムを作るという、いわば『ものづくり』は自分には合っていないのかもと感じた。

一度はエンジニアを極めようと、その後一部上場しているITで割と有名な会社に入社するも半年で退職してしまってる。

現在

今現在、就職活動中であり、更にエンジニアとしてチャレンジしたい(というより、会社員として働くなら他の選択肢がほとんどないように思える)という思いと自分の本来やりたいこと(起業や個人で価値を生み出していけるような仕組みを作ること)をしてみるという気持ちで揺れ動いている。

(追記)

2018年9月現在は再びインフラ系のSEとして働いてます。今後のこととやってみたいという理由でAWSメインでのクラウドを使ったプロジェクトで働いています。

日々働くということはやはり私には「苦」ですが、新しいことをやれるのは楽しかったりもします。

とはいえ本来自分のやりたいことではないので、働きながら情報発信やゲーム攻略や実況などを通して自分の好きなゲームや映画で生きていけるよう努めようと思っています。

⇒ 今まで人生の振り返りや今後の目標について以下に記載してます

最後に

このブログもその一環で少しでも自分自身で情報を発するような場所を持とうと思い記事を書いてます。

少しでも見ている方に興味を持ってもらえたら幸いです。

ゲーマーのリョウ

更新日:

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.