個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

映画

映画「アベンジャーズ インフィニティウォー」MCUオススメ予習作品とネタバレ感想

更新日:

どうもゲーマーのリョウです。今回は

「アベンジャーズ/インフィニティウォー」

「アベンジャーズ インフィニティ・ウォー」の画像検索結果

↑ポスターもカッコいい!日本だけあってスパイダーマンの扱いがいいですね!(逆にギャラクシーは地味め)

 

MX4Dで鑑賞してきました!いやもうすごい迫力。約150分があっという間でしたよ。

世界的にも

興行収入歴代オープニングNo.1

https://news.aol.jp/2018/05/01/avengers-infinity-war-box-office-records/

とのニュースにもなっており、納得の出来です。

何を隠そうマーベル映画の大ファンである私。過去のマーベルシネマティックユニバースシリーズは(多分)欠かさず見ております。

アベンジャーズシリーズの3作目にあたる今作ですが、マーベル作品は繋がっており、前述の

「マーベルシネマティックユニバース」とされ、その19作目にあたります。

そのため、過去のマーベル作品は視聴しておいたほうがより楽しめます。

マーベルシネマティックユニバースシリーズまとめ

フェーズ① 『アイアンマン』~『アベンジャーズ』まで

  1. 『アイアンマン』(2008年5月2日)
  2. 『インクレディブル・ハルク』(2008年6月13日)
  3. 『アイアンマン2』(2010年5月7日)
  4. 『マイティ・ソー』(2011年5月6日)
  5. 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』(2011年7月22日)
  6. 『アベンジャーズ』(2012年5月4日)

フェーズ② 『アイアンマン3』~『アントマン』まで

『アイアンマン3』(2013年5月3日)

  1. 『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』(2013年11月8日)
  2. 『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014年4月4日)
  3. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年8月1日)
  4. 『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年5月1日)
  5. 『アントマン』(2015年7月17日)

フェーズ⓷ 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』~『アベンジャーズ4(仮称)』

  1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年5月6日)
  2. 『ドクター・ストレンジ』(2017年11月4日)
  3. 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
  4. 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年7月7日)
  5. 『マイティ・ソー/バトルロイヤル』(2017年11月3日)
  6. 『ブラックパンサー』(2018年2月16日)
  7. 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018年4月27日)※今回のはこれ
  8. 『アントマン&ワスプ』(2018年7月6日公開予定)
  9. 『キャプテン・マーベル』(2019年3月8日公開予定)
  10. 『アベンジャーズ4(仮称)』(2019年5月3日公開予定

 

とはいえすべてを今から見る。というのはしんどいと思うので、

個人的には物語のメインでからんでくる以下の作品をお勧めします!

おすすめ予習作品

・『アベンジャーズ』(2012年5月4日公開)

・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014年8月1日公開)

・『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015年5月1日公開)

・『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016年5月6日公開)

・『ドクター・ストレンジ』(2017年11月4日公開)

・『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』(2017年5月5日公開)

・『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年7月7日公開)

 

とまあ、これだけでもかなりの数がありますね。。

とはいえどれも見ていなくても、映像やストーリーとても楽しめると思うので

とりあえず見よう!でも全然ありです。見てから気になったら過去のマーベル作品を見る感じで!

 

※過去の作品は配信サイトがおすすめです!(現時点ではHULUのがいいかも)

今ならアベンジャーズシリーズ、アイアンマン、キャプテンアメリカ、ガーディアンオブギャラクシーなどが期間限定でみれます。↓ ↓

こちらだと、マイティソーやハルクなど。↓ ↓

あらすじ

以下の公式あらすじまとめ

6つすべてを手に入れると世界を滅ぼす無限大の力を得るインフィニティ・ストーン。その究極の力を秘めた石を狙う“最凶”にして最悪の敵<ラスボス>サノスを倒すため、アイアンマン、キャプテン・アメリカ、スパイダーマンら最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”が集結。人類の命運をかけた壮絶なバトルの幕が開ける。果たして、彼らは人類を救えるのか?今、アベンジャーズ全滅へのカウントダウンが始まる!

以下ネタバレありの感想です。

個人的評価

★★★★★ ・・・4.8

「とにかくやばい。とにかく見てくれ。アベンジャーズどうなんのよ。。」

とにかく、海外でも大人気の本作。国内での人気は今一つな感は否めないものの(コナンに負けるって。。)その完成度は凄まじいです。

良かった点

・大迫力の映像とアクション

とにかく、すごいのがアメリカならではの金がかかりまくった映像とアクション。様々なヒーローたちがそれぞれ活躍していくので、見ていて非常に飽きません。地球、宇宙と同時進行で戦いが繰り広げられるので全くもって目が離せないのです。

・新アベンジャーズ達の活躍

今作からアベンジャーズに参戦の「ガーディアンオブギャラクシー」、「ドクターストレンジ」、「スパイダーマン」、「ブラックパンサー」それぞれの重要な役目が与えられるので、ただのおまけなんてことはないです。特にガーディアンズ達の活躍が多く感じ、個人的にガーディアンズのノリが大好きな私はとても興奮しました。

クイルの「太ったから、そろそろ俺も体にコミットしないとな。」とかやばかった(笑)

まじでガーディアンオブギャラクシーシリーズはすごい面白いのでおすすめです。

・魅力的なヴィラン(悪役)のサノス

今回の敵はサノスという巨漢なんですが、この男がまあ強い。初っ端でロキ殺したり、ストーンを使ってアベンジャーズたちを次々と倒します。

しかも、戦っている理由もカッコよくて、生命を半分にして均等を取りたいから。やっていることは無茶苦茶ですがなんとなく言いたいこともわかるんですよね。半分もあえて無作為にしているあたりとか。

今まで、アベンジャーズシリーズにはない圧倒的な敵、かつ感情も備わているという点が非常に魅力的でした。

 

・まさかの展開すぎるストーリー

完全なネタバレになるんですけど、最終的に「サノス」はインフィニティストーンを全部集めてしまうんですよ。そしてサノスの目的は人類の均等を保ち、飢餓や飢えをなくした世界を作ること。

そのためには人類の半分を無作為に滅ぼす必要がある。なんと6個のインフィニティストーンを集めるとそれが「指パッチン」のみで叶ってしまうのです。

「インフィニティガントレット」の画像検索結果

インフィニティストーンを集めた「サノス」

これ「指パッチン」するだけなのである。最後のシーンでは次々とヒーローや人々が灰になっていきます。おそらく生命を半分にするサノスの願望が叶っています。

そして最後のシーンではサノスのにっこり顔アップでエンドロールに入ります。

こんなヒーロー映画あったでしょうか!?しかもあのアベンジャーズで!

いやー、マジで最後に全部持ってかれました。途中主要キャラ死んだりとか勝てんのこれ?状態からの負け。

ヤバすぎるでしょ。。

一応、アベンジャーズ4につながってそっちで解決するのかな。

 

※原作となっている、「インフィニティガントレット」

ではネビュラがガントレットを奪って24時間、時を戻してから再度ガントレットを奪い合いサノスを戦うみたいです!映画もそうなるかどうか期待ですね。

・イマイチな点

正直これといってありません(笑)

大分満足させてもらいましたが、あえて言うならバッキー(ウィンターソルジャー)の活躍がほとんどなかったこと。。ワカンダでかくまってもらい、大層な左腕を貰ったにも関わらずあまり活躍していません。(ラクーンとの共闘ぐらい?)

あとは、サノスが強いけどいい意味でかわいいとこでしょうか。ガモーラ殺して泣いちゃったりとか。

まあ、正直ないです(笑)

 

まじで、「アベンジャーズ/インフィニティウォー」やばいです。これは映画館で見てください!!

 

ゲーマーのリョウ

 

おすすめ記事一覧

-映画

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.