個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

映画

映画批評「ランペイジ 巨獣大乱闘」ネタバレありの個人的感想、レビュー

更新日:

どうもゲーマーのリョウです。

今回は久しぶり(約3週間ぶり)に映画館で観ました。

「ランペイジ 巨獣大乱闘」

を紹介していきたいと思います。

↑B級映画館あふれるポスター。去年やった「キングコング 髑髏島の巨神」に寄せている気が。。(笑)

以下紹介PV ↓

あらすじ

以下公式サイト引用

こいつら、いったいどこまでデカくなるのか!?
地上最強の巨獣たちが、すべてを破壊しながら北米大陸を横断!!

それは人類の誰も気づかぬうちに始まった。
最新を誇る遺伝子実験の失敗によって、なんと普通の動物たちが突如進化し始める!
ゴリラ、オオカミ、ワニなどが猛烈に巨大化し、凶暴化してしまう。
ヤツらの成長はとどまることを知らず、もはやクソデカい巨獣と化し、陸・海・空おかまいなしに街で破壊の限りを尽くす大乱闘をおっぱじめる!
シカゴを舞台に、巨獣たちの暴れる理由は一体なんなのか?
生物ピラミッドが一夜にしてひっくり返った人間たちに、巨獣たちの大乱闘を止めることができるのか?

ハイブリッドな成長をうながす巨獣の遺伝子は、発狂しそうなほど滋養満点。
サメの成長が止まらない遺伝子だけでなく、シロナガスクジラの成長率、カブトムシの強靭さ、チーターのスピード、トゲマウスの細胞修復能力など、ありとあらゆる異なる遺伝子を混ぜ合わせた予測不能の特殊生物たちだ。
ワニの黒いウロコはチタンより硬く、足の指は車の大きさを超え、尻尾の先がスパイクボールのように変異し、ドラゴンと恐竜が合体したような姿に。
ヤツらは時にタッグを組み、戦闘機や戦車に真っ向から向かってくるから、こりゃたまらん!!
もちろん巨獣同士のバトルも満載!!
最弱となった人類側の代表は、あの「ロック様」ことドウェイン・ジョンソン(元WWE世界王者8度制覇の最強プロレスラー)演じる霊長類学者デイビス。この勝てる気がしない戦いにどう挑むのか?
『パシフィック・リム』『キングコング:髑髏島の巨神』に続く巨大怪獣パニック・アクション襲来!!
人類に一寸の希望も与えないヤツらの大乱闘を、止める術はあるのか?
もはや無駄な抵抗はやめて観るしかない!!

もう、あらすじとPVだけ見てもお金のかかった巨大モンスターB級映画というのがわかります(笑)

正直見るのか迷ったんですが、映画館ロスだということもあり、やっぱり平日レイトショーで行ってきました。(ちなみにお客さんは自分含めて4人)

こういうガンガンのモンスター対決ものは昔から大好きでゴジラやガメラなどよく見ていました。

特にあらすじにもあるように昨年公開していた、「キングコング:髑髏島の巨神」はとてつもなくわくわくしながら見ていた自分がいたので、その感覚で見れるのなら!ということで観てみることに。

「キングコング:髑髏島の巨神」とかB級映画なら以下の動画配信サイトで観られます。ただし、見放題には入っていないようです。

 

・U-NEXT

 

以下ネタバレあり

ネタバレありの簡単なストーリー紹介

とある大企業が宇宙での実験で生物巨大化の薬を作る。

それを持ち帰ろうとした際、事故で3つの実験薬が地球に落下!

各地に実験薬が落ち、狼(ラルフ)、ゴリラ(ジョージ)、ワニ(リジー)が薬を吸ってしまう。吸った生物は巨大&凶暴化

薬を発明した大企業の役員兄弟がその薬を回収、事実を隠蔽しようとする

ゴリラを施設で飼っていた主人公たちはゴリラをかくまう。またその施設に大企業の元研究員(今作のヒロイン?)がやってくる。

各地に大企業からの特殊部隊を派遣。もあえなく返り討ちに

ゴリラは政府に捕らえられ主人公たちと共にヘリに

色々面倒だから、巨大生物呼べばええんやろの精神で兄弟が特殊な電波を出して自分たちがいるシカゴに巨大生物を呼んでしまう。

ゴリラ、狼、ワニが途中、政府に邪魔を食らうも無事シカゴに集結!

主人公たちも政府側の男(cv若本規夫)の強力でシカゴへ到着

大企業に行けば治療薬?があるとかで大企業へ。シカゴは滅茶苦茶

政府は兵器を使ってシカゴごと消し去るのを画策。それを止めようとする主人公たち

なんやかんやで兄弟を懲らしめ二人は死亡。治療薬を手に入れるものの凶暴化のみ抑えるが巨大化は止められないとのこと。

ならばとジョージ(ゴリラ)に治療薬を使用。自我を取り戻したジョージはムキムキ主人公と共闘

激しい攻防の末、2体の巨大生物をなんとか倒すことに成功。ジョージは激しい戦いのあまり死亡。。

かに思えたのだが、死んだふりをしていただけだった!なんだよーお前は相変わらずだな。わはは!とその場を去る主人公たち。町はボロボロだけど兵器も中止することになり平和は戻ったのであった。

個人的評価

※今回から100点満点で、かつジャンルごとの点数の付け方にしたいと思います(細かく付けたいので)

-----------------------------

ストーリー ・・ 55点

映像    ・・ 75点

音楽    ・・ 60点

キャラクター・・ 70点

-----------------------------

総合点   ・・ 64 点

総評コメント

「俺が見たいのは怪獣の激しいバトルだけなんじゃ!」

なんていうか、ストーリーをしっかり作り込んでいる点はいいんですが、肝心の巨大生物同士の争いはそこまで多くないこと。

なんだかストーリーも取ってつけたような話でクライマックスのバトルに行くまで割と退屈です。

とはいえ、メインモンスターのジョージ(ゴリラ)と主人公(ムキムキ男)との関係性がしっかり作り込まれているのはよかったですね。

良かった点

・とにかく巨大生物たちの迫力がすごい

それぞれ個性的な巨大生物たち。素早さの狼、パワー・知性のゴリラ。そして規格外のでかさと強さのワニ。

そいつらが都会で暴れまくるんですからまあ、迫力がすごい。終盤のゴリラ対狼、ワニなんか、うおー!!!ってなるくらいの熱さがありました。

・ムキムキ主人公のたくましさ

主人公のドウェイン・ジョンソンが元WWEのレスラーということもあり頼れる男でかつ、心優しい動物学者っていうのがハマってました。

最後の巨大生物との闘いなんか彼でないとおかしいシーンになってしまうのではないでしょうか。

・ゴリラのジョージと主人公のストーリーがしっかりしていた

導入の実験薬が落ちるとこからはじまりそこからは主人公たちのいる自然動物保護センターに話がいき、ジョージとの関係や途中で過去の出来事が明らかになったりと主人公との信頼する関係性がしっかりと描かれていたのが印象的です。

微妙だった点

・ストーリーの蛇足感

こういう、モンスターものは仕方のないことですがストーリー自体にはあまり引き込まれません。

私はそもそもこういったモンスターものにストーリーはあまり求めていなくて、ただ画面いっぱいにモンスター達が暴れまわっていたらそれでいいものの、何故だかストーリーをしっかり作り込もうしていてそれを更にこちらに強要しているような気がして、前半部分や大乱闘になるまで個人的にはまあまあ退屈でした。

・肝心の巨大生物同士のバトルは終盤のみ

個人的にはモンスター同士のバトルって非常に面白くてわくわくするんですが、基本的にジョージが我に返る終盤まで、巨大生物はただ人間を襲ったり兵器と戦っていたりと一方的なものばかりなんですよね。

それはそれで巨大生物の強さがわかってよかったりもするんですが、かなりの終盤までそんな調子なのでおなか一杯になってしまいます。

キングコング髑髏島の巨神の人間のヘリをドッカンドッカン!くらいでちょうどいい気がします。

・キャラクターの魅力がそこまでない

主人公はさておき、他の登場人物に魅力的なのがあまりいないんです。

ヒロインの元研究員はあまり役に立っていなかったし、敵役の兄弟なんかも割をあっさり負けてしまうし。

政府側の役人はよかったですが日本語版で若本ボイスだったから勝手にいい役に変換してくれただけな気もします。

まあ、これもモンスターは主役みたいなものなので仕方ないかもしれませんね。もしくは主人公のムキムキのキャラが濃すぎただけかも(笑)

総評

巨大生物達の迫力は劇場で一見の価値あり!

ただし、キングコングくらいの期待はしないほうがいいかも。。

あとはストーリーが意外と作り込まれているものの私としては求めてないのでただひたすらに子供の様にモンスターパニックムービーを楽しみたかったです(笑)

 

ゲーマーのリョウ

 

 

 

おすすめ記事一覧

-映画
-, , , ,

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.