個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

映画

映画批評①「レディプレイヤー1」感想

更新日:

どうもゲーマーのリョウです。

今後まめに映画を個人的価値観のもと批評したいと思ってます。

※ネタばれは肝になるところは控えますが、評価を書く以上は内容に触れる必要があるため内容をなるべく見たくない方は鑑賞後をおすすめします。

★を5点満点で評価

感想や簡単なあらすじも含めて書いていきたいですね。あくまで一映画好きの記事なのでそこはあしからず。

 

私、何を隠そう邦画、洋画問わず映画が大好きでして、気になった映画があったら一人ですぐ見に行ってしまうのです。

また、家でももちろん動画配信サービスを使ってたくさんの映画やドラマを見ます。

いやーいい時代ですよね。少し前ならビデオレンタルショップに行って何日以内に観てからさらに返却に行かないとだめだったのが(レンタルショップの多数映画ずらーって光景も好きです)今では月額さえ払っていれば家にいるだけで面白そうな作品がパパっと見れちゃうんですから。

家で見るとは別で映画館の雰囲気いいですよね。老若男女問わず観たい映画を見るためわくわくしていたり、見終わってからの感想を言い合ったり。

個人的には、平日のレイトショーとかの人が疎らの中、センター後ろよりでじっくりと作品も観ているあの瞬間は人生の中でも好きな時間ベスト3には入っている気がします。

と、前置きはさておき今回は話題作。

スティーブンスピルバーグ監督

『レディプレイヤー1』

を見てきました。(この昔っぽい胸躍るようなポスターたまらん)

「レディプレイヤーワン」の画像検索結果

公式サイトで冒頭3分見れるらしい。↓

http://wwws.warnerbros.co.jp/readyplayerone/

個人的評価

★★★★☆ ・・・ 星 4.0

結論「ゲームの世界も面白いけど現実も捨てたもんじゃないんだぜ。」

以下あらすじ(引用)

いまから27年後の世界。人類はゴーグル1つですべての夢が実現するVRワールド[オアシス]に生きていた。そこは、誰もがなりたいものになれる場所。無敵のヒーローやハーレークイン、キティだってなれる夢の世界! ある日、オアシスの天才創設者からの遺言が発表される ーー「全世界に告ぐ。オアシスに眠る3つの謎を解いた者に全財産56兆円と、この世界のすべてを授けよう」と。突然の宣告に誰もが沸き立ち、56兆円をめぐって、子供から巨大企業まで全世界の壮大な争奪戦が始まった! 果たして想 像を超えた戦いの先に、勝利を手にするのは一体誰だ!

あらすじここまで

とまあ、要は仮想世界で大いなる遺産を巡った、主人公勢VS巨大組織が色々バトるというような内容。アニメでいうとまさにソードアートオンラインの世界。死なないけど。

スティーブンスピルバーグといえば、しない人はいないくらいの超有名映画監督。今年で71歳にもなるのに時代のニーズに合った作品を出せるのはさすがとしか言いようがありませんね。

個人的に大好きなのが「ジュラシックパーク」。主人公の博士が島に上陸し始めて恐竜を発見したときに流れるBGMとともにその壮大な世界観に感動しました。

また、「ジョーズ」「インディージョーンズシリーズ」などの名作をバンバン世に送り出しています。

また、色々な意味で記憶に残っているのやはり「シンドラーのリスト」ですね。

あんな悲劇的で心にずしっと刺さるような作品もスピルバーグは取れるのかと感嘆しました。特にあの劇中唯一色の付いた赤い服の女の子の演出は映画史に残るものだと思っています。

(参考)スティーブン・スピルバーグの過去作品は以下の配信サイトで見れます。

・HULUはインディージョーンズシリーズトランスフォーマーシリーズなどの新しめの作品が多め。


U-NEXTはジョーズジュラシックパークシリーズシンドラーのリストなど70~90年代の名作が多め。


以下若干のネタバレ含む感想

・良かった点

いやー、さすがはスピルバーグ監督!その世界観、BGM(最初のテッテ、テーテッテ、テーテ、テテテーテテテのやつとかばりテンション上がるんだが!)、ストーリーはかなり良かった。

特に、オアシスと呼ばれる仮想ゲーム世界がまあすごいこと。あんなゲームあったらそら働かずにずーっと仮想世界で遊んでるわなw

さらに見ている側を楽しませてくれるのが実際のキャラクターや小ネタが随所に出てくるとこと。あのキティちゃんとなんとバットバツ丸も!(若い子は知らんかもw)アキラのバイクやさらにはガンダムの登場シーンがまあかっこいいこと。

日本人キャストが日本語で「俺はガンダムでいく!」とかもう鳥肌。ここできたー!みたいな。(あんな超軽快に動くかはまあ別として。。)

また、あんな超メジャー作品なのに某超名作ホラー映画のパロディシーンなんかもあったりして、「これ版権許可もらうのだけでいくらかかったんだろう」レベル。

これだけでも、アニメや映画好きにはたまらない作品となっている。

ただやはり本当に評価したいのは、このオアシスの世界観とそれを実現させた最新のCGである。これは是非映画館で確かめてほしい。

・残念な点

欲を言うとだが、現実世界の戦いが少しスケールが小さく感じたところ。まあオアシスがすげー世界だからね。見劣りしてしまうのは仕方ないか・・。

あとはこれまた現実のキャスト陣がなんかパッとしないところも。あとは敵の会社の役員の奴が色々とアホすぎる。

5年間もあれだけのお金と人使って、たかだか5人程度の若者に先越されるって。。しかも攻略内容自体もそこまで難易度高くないような気もするんだけど。まあ、そこは主人公たちがゲームや開発者への愛やリスペクトありきってことかな。

・総評

とにかく映像はストーリーはさすがで一見の価値はありです!

最終的に言いたいことは、主人公がそうしたように

「ゲームもいいけど、現実もしっかり見てね。現実じゃないと経験できないこともたくさんあるんだから。」

と今の若い世代に伝えたかったのかなと解釈しております。自分もゲーム大好きで当てはまるので耳が痛かったり。。

とにかく、いずれは本当にこんな世界がやってくるかもしれないワクワクさせてくれるような名作でした!!

 

ゲーマーのリョウ

おすすめ記事一覧

-映画

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.