個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

映画

バチェラージャパンシーズン2 全話見終わってのネタバレあり感想。人物と結末紹介【アマゾンプライムビデオ】

更新日:

(当記事は、2018年7月4日に作成しました。)

 

どうも、5年後くらいにバチェラーになりたい男、ゲーマーのリョウです。

いやー、いよいよ最終話の配信が終わり完結しましたね。

バチェラージャパン シーズン2

毎週金曜日の更新を楽しみに見ていた、バチェラーファン男子の私ですが、

本当にいい形で最終回を迎えましたね!

まさか、バチェラーで泣く日が来るとは思っていませんでした(笑)

今日はそんなバチェラージャパン2を全話見終わって上での感想や出来事などをネタバレありでアラサー男性目線で記事にしたいと思います。

 

バチェラージャパン2の最終回直前ダイジェスト版PV

 

 

そもそもバチェラージャパンとは?

「まだ、バチェラージャパン見てない!」

とか

「まだ途中で全部は見終わってない!」

という方は、ネタバレなしで各主要人物やバチェラージャパンの見どころを記事にしていますのでそちらをご覧ください ↓

【amazonプライムビデオ】バチェラージャパンシーズン2ネタバレなしで内容、人物紹介

バチェラージャパンはアマゾンプライムに登録していれば見放題です。他にも映画やアニメなど様々なコンテンツが見放題なので、一家に一つ登録しておくと生活は捗ります!

 

 ネタバレありでの登場人物の紹介・結末と感想

ここからは、全話通してのそれぞれの登場人物についての性格紹介や起こった出来事、個人的な名シーンなどを何名か抜粋して紹介していきます。

それぞれの方も最初のほうと最後まで観た後では印象がガラッと変わりました。

ネタバレありなのでご注意を。。それではどうぞ!

・二代目バチェラージャパン「小柳津林太郎(おやいづりんたろう)」さん

「バチェラー 2」の画像検索結果

慶応卒、イケメン、サイバーエージェントの幹部。と三拍子そろった今回の主役。バチェラージャパン二代目。

性格は?

・幼少期をアメリカ育ったためスキンシップ多め。簡単に女性にキス(ほっぺに)する。

そういうスキンシップが多かったんだろうなーって感じですね。2話目からいきなりキスですからね(笑) 正直、このチャラ男が!って印象ではありました。最終的に5人ぐらいの女性にキスしていたような・・。

「バチェラー2 福良 別れ」の画像検索結果

・言いたいことをはっきり言う。

とある女性に「友達みたいな感覚」と言われた際には、「いや俺は友達じゃねーし!」と言ったようなことをさらっと言うなど、言いたいことははっきり言うタイプでした。ただし基本女性にはかなりの気配りをするシーンが多数見られました。

 

・感情を表に出しやすく涙もろい

今回のバチェラーのいいところはここですね!前回のシーズン1のバチェラーはなんていうか完璧すぎてその人間性があまり垣間見れなかったんですが、今回のバチェラーは怒るし、ローズセレモニーではまあよく泣きます(笑)ただ、そこが視聴者的にはすごく共感してしまい、こっちまで泣けてきてしまうんですよね。

 

・おしゃれな演出家

おしゃれなIT企業幹部ということもあり、デート内容ややることもかなりクリエイティブ。3話目のトランプのカードを使った運命を探すといった演出もよかったですし、何より最後のロースセレモニーの「あれ」は鳥肌ものでしたねー。

 

個人的な名シーン

 

・第9話より、父親に対して自分の想いを英語で伝えるシーン

 

バチェラー2 バチェラージャパン2 第9話 小柳津林太郎 小口那奈子 若尾綾香 倉田茉美 ネタバレ まとめ

出典:9話予告動画より

予告でも使われていたシーンですが、両親と会うことに合った倉田茉実さんの親の事情を聴いて、その家柄のこと(今までの家系的に離婚した家庭はいないということ)を不安に思う自分の父親に対して

怒ったバチェラーが放った言葉は

「I don’t give a f××k!(そんなこと俺は気にしてないんだよ!)」

そんな家柄のことなんかでなく、一人の素敵な女性として倉田さんを思っているバチェラーはまじでかっけー!と思ったシーンでした。こんなこと俺も言ってみたい!

 

女性陣の紹介

7話目から一名ずつ落ちることになりローズを貰えずに散っていった女性陣を順に紹介。

強烈なキャラクターを持った参加女性たち。このバチェラージャパン2を彩るのに欠かせない人たちばかりでしたね!

野田あず紗さん

野田あず沙(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

野田あず沙(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

ローズモンスターこと7話目にローズを貰えずの去ることになった野田あず紗さん。自分の世界観を持った強烈なキャラクターでしたねー。

性格は?

・自分だけの世界を持っている。

・その自己中心?な性格から女性陣から距離を取られていた。

・バチェラーを好きすぎるあまり周りを見れなくなってしまう。

・3話目でサプライズローズを貰ってからさらに周りを敵視するように。こわい。。(笑)

個人的な名シーン

・2話目で2ショットデートでサプライズローズをもらった岡田茉里乃さん(おかだまりの)とバチバチなカクテルパーティーでの一幕。

初めて、女性同氏のバトルらしいバトルが見れました。思えば争いの中心にはこの人がいた気がします。

・沖縄の海にてバチェラーにオイルを塗りたくるシーン

他の女性陣が見ている前でこんなことできてしまうなんて、色々通り越してすごいですね(笑)

そんな野田あず紗さんもバチェラーへの想いが強すぎたのか、はたまたそんな野田さんの本性を見抜いたのか軽井沢デートでの7話目にてローズをもらえず去ることに。

色々と楽しませてもらいました。

 

福良真莉果さん(ふくらまりか)

 

福良真莉果(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

福良真莉果(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

個人的に最初のほうと最後の印象で大きく変わったのが彼女ですね。

最初こそ、なんだこのがっつきおばさんは・・。って感じでしたが、その芯は本当に優しい人でまさにみんなのお母さん的存在でしたね。裏表もないようで撮影裏でもバチェラー含めて皆に優しく声をかけていて実はこのバチェラー2を支えていた人だったんだーと感じています。

個人的ですがバチェラーの感想をツイッターでつぶやいた時、この福良さん本人からいいねもらえてより好きになりました(笑)

8話目の実家訪問にてそのパワフルなお母さんも登場しましたが、あえなく8話目のローズセレモニーにて去ることに。

性格は?

・何事にも裏表がない性格。

・バチェラー、女性陣問わず皆に気さくで優しいお母さん的存在。

・なかなか2ショットデートに誘われずも常に前向きでいた。

・両親とも仲が良く非常に家庭的な一面が多くみられた。

・皆のムードメーカーでそのリアクションの際の顔芸は必見。

個人的な名シーン

・初の2ショットデートに誘われたシーン

「バチェラー2 福良 涙」の画像検索結果

呼ばれた時には腰が砕けるほど驚いた様子を見せた福良さん。見ていた視聴者もようやくかーとほっとした瞬間かも知れませんね。

・8話目のローズセレモニーにてバチェラーと別れるシーン

「バチェラージャパン2 林太郎 涙」の画像検索結果

見ているこっちまで泣けてくるような、バチェラーが号泣するシーン。それくらい福良さんの存在はバチェラーにとっても大きいもので

「茉莉果には本当に支えられた」と感謝しています。っまた、福良さんも決してその場で涙は見せずにバチェラーを抱きしめる姿はまさに「お母さん」という感じでしたね。

このシーンは本当に泣けました。

 

若尾綾香さん(わかおあやか)

若尾綾香(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

若尾綾香(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

9話目の最終回前に3人でバチェラーの両親に会う回にてローズをもらえずに去ることになった若尾さん

彼女もこのバチェラージャパン2を大いに盛り上げてくれましたねー。

常に自分が一番だと豪語し、ライバルはいないと自信を見ち続けた彼女。バチェラーの前ではいい女を演じて、裏では女性たちと敵対するその態度は見ていてすごい女だなあと

思いつつも、最後にはバチェラーには本当の自分を見せようと努力した彼女も視聴者には印象深い女性の一人ですね。

性格は?

・自分に絶対の自信をもち、他の女性たちとは一線を置いている

・バチェラーの前では最初こそ演じている部分はあったものの徐々に心を開いていた

・意外にも自分のことを話すのが苦手で、バチェラーの両親と会った時には泣いてしまった。

・バチェラーの両親いわく、「林太郎に似ている」とのこと。似ているということは補える要素も少ないということ。

個人的な名シーン

・抜群のプロポーションを生かした温泉でバチェラーと混浴するシーン

「バチェラージャパン2 林太郎 涙」の画像検索結果

これにはバチェラーもにっこりで鼻の下を伸ばしていましたねえ(笑)

・京都のバチェラーの地元を訪れた際に自分のことを正直に話して心を開いていこうと努めたシーン。

彼女なりに自分の言葉でバチェラーに自分のことを話して、日ごろは仮面をかぶっていることなどを涙ながらに話すシーンはいよいよ本格的に本当の若尾綾香が見えてくるシーンでしたね。

そんな彼女も9話目で去ることに。

去り際には残った二人に対して

「いい女たちだね。認めてあげる。」

というセリフを言ったり、インタビューで

「好きになっていたのに、悔しい。もっといたかったよー。」

と泣きながら語る彼女は最後に本当の魅力を見せてくれたのかもしれません。

小口那奈子さん(おぐちななこ)

 

小口那奈子(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

小口那奈子(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

笑顔がとってもかわいらしい彼女。個人的に最初の見た目では一番好きだったのが彼女でした。

見た目とは裏腹にしっかりとした芯を持っていて、時にはバチェラーをも困わせてしまう言動もあって、逆にその言動によってバチェラーの

「おっかけエンジン」に火をつけた彼女。バチェラーもメロメロにした彼女はもう一人の倉田さんとは同い年ということもあって一番仲もよかったみたいです。

背中の鳥かごから出た鳥のタトゥーは彼女を表した印象的なものでしたね。

性格は?

・はっきりとものを言う性格

・うじうじした男性は苦手で、仕事を頑張っている男性が好き

・自分自身も相当な努力をしてきており、税理士を目指して日々努力している。

・見た目も今までの経歴もその性格も含めて「パーフェクトガール」。厳しそうなバチェラーの母親もパーフェクトだと褒めるくらいでした。

個人的な名シーン

・バチェラーと二人でクルージングデートにてサンセットを見ながらキスするシーン。

「バチェラージャパン2 キス」の画像検索結果

いやー、このキスされたシーンがまたかわいらしいですよね。されても自然と振舞っていて自分に自信があってそれを隠すこともないって感じで。

バチェラーを見つめる目線も素敵でしたね。

・バチェラーに対して好きかわからなくなり、「友達みたいな感じ」と言った直後にカクテルパーティ前には「改めて好きになった」と振り回しまくりのシーン

振り回されているバチェラーの表情 ↓

「バチェラージャパン2 林太郎」の画像検索結果

いやー、これは天性のものなんでしょうが、こういうのって男からしたらより気になってしまうかもしれませんね。

人によるかもしれませんが、バチェラーは案の定、より気になる存在に昇華し、最後の二人にまで残りました。彼女の魅力は本当に様々な面があるのでバチェラーが最後まで悩んだのも納得ですね。

補足

8話目で彼女の実家訪問の際にいた、お姉さんもすごい美人さんでしたね!(写真右)

調べてみたら、

小口 桃禾さん(おぐちももか)という名前でモデル活動をしていた時期もあるみたいですね。今でもラジオなどで芸能活動をしているみたいです。

8話見て「なんだこの可愛い子は!」ってビビりました。姉妹そろって美人姉妹ですごいですね!

 

そして、バチェラーに最後に選ばれたのは・・

さあ、最後に残った

小口那奈子さん(おぐちななこ)

倉田茉美さん(くらたまみ)

から最後の一本のローズを受け取り運命の相手に選ばれたのはこの方!

倉田茉美さん(くらたまみ)

 

倉田茉美(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

倉田茉美(C)2017 Warner Bros. International Television Production Limited. All rights reserved.

私自身、途中から「絶対この人だわ」ってなるくらい本当に魅力的な女性です。

裏表がないことももちろん。印象的だったのが6話であずあずこと野田あず紗さんが少し行き過ぎた言動をしたときに、他の女性たちが悪口を言うなか、倉田さんは

「私はあずあずが好きです。ただ、やり方が不器用でまっすぐなだけ。」

と言っていたのが印象的で、この人は人をしっかりを見ていて決して頭から否定をしない素敵な人だなと感じていました。

手紙やカードを使ったメッセージも「重いと思っていながらも、自分の気持ちを全部伝えたいから」ということも言っていたので、自分も周りもしっかりと見ることのできる人なんだなとも思っていました。

見た目ももちろん可愛らしいですよね。途中、私自身も惹かれつつあったと思います。

性格は?

・とにかく前向き。家族のことや過去のことをネガティブに捉えることなく受け止め前を向いて生きている感じです。

・相手に配慮しつつも思ったことはちゃんと伝える。

バチェラーに対しても、自分のまっすぐな気持ちを伝えていました。

・運命というものを信じて決してぶれない。

序盤こそなかなかデートに誘われずネガティブ気味ではありましたが、トランプや最終話に絵本など常にバチェラーとの運命を信じていました。

・とにかく優しく包み込む性格。

自分の親に対しても手紙でやり取りをしていたり、他のバチェラー参加者にも似顔絵を渡していたようです。

・数々のクリエイティブな作品でバチェラーの心をつかむ。

https://twitter.com/mayumayurand/status/1005798660305666050

絵本や作品などを通してバチェラーへ想いを伝えるところは素敵でしたね。

特に最終話の絵本では本当に感動してしまいました。あれはずるい!(笑)

個人的な名シーン

倉田さんが好きになってしまって好きなシーンはいっぱいありますね。

・5話目の沖縄で初の2ショットデートでのシーン

「バチェラージャパン2 倉田」の画像検索結果

沖縄の海で二人きりで花火を見る。なんて素敵なシチュエーションでしょうか。

この日初の2ショットデートでサプライズローズをもらいます。あずあずなんかは嫉妬で泣いていました(笑)

これを見たとき、もうこれ倉田さんでしょ?と思うくらい素敵なシーンでしたね。

・最終話での倉田さん作の絵本を渡すシーン

これは本当にいいシーンです。絵本の中身も素晴らしくて自分の人生を踏まえて伝えつつもしっかりと、これからの林太郎のことも思ったうえで書いた作品。

決して自分を選んでほしいというのが書いていないのが良かったですね。あんなのもらったらそりゃ泣くよ。

これは本当に泣けるので、実際に見てください(笑)

そして、結末は?

「運命の人になりたい、ではなく運命の人でありたい」

「自分の未来は自分で掴み取り決してあきらめないことでそれは叶う。」

最終回でそんな言葉とても印象的だった、

倉田茉美さん

が最後のローズを受け取りました。

「バチェラージャパン2 倉田」の画像検索結果

本当にいい終わり方だったと思います。

個人的に、シーズン1は選ばれたのが20歳の可愛い女子大生ということもあり、結局顔かよ!感はあったのですが、

バチェラージャパンシーズン2のバチェラーはしっかりと女性たちと向き合って、視聴者から見てもベストな女性を選んだのではと思います。

倉田さんは好きだったので嬉しい反面、悲しみもあります(笑)

10話後のスペシャルトークによると二人は遠距離恋愛ながらもメールなどでやり取りしているようですね。

 

最後のこの演出には本当に痺れました。。

倉田茉美さんは一番最初、バチェラーに合うときに「Choose me」を書かれた一枚の絵を渡しています。

また、3話ではお互いの運命を確かめるという趣旨のデートで、倉田さんは

自ら最初に選んだトランプからダイヤのエースを引いて、結果としてデートまでたどり着けています。

そして!最後にバチェラーは倉田を選んだ後に一枚のトランプを渡します。

それが、これ ↓

 

この「choose me」からの「choose you」

演出には震えましたね。鳥肌立ちまくりました(笑)

なんですか、このドラマのような終わり方は。。

なんか素敵すぎて本当に一つの映画やドラマを見終えたような感覚になりました。

総評

いやあ、バチェラーシーズン2は本当に色々楽しめました!

また、シーズン3はやると思いますが、今後この内容を超えるバチェラージャパンがあるかどうか不安になるくらいの内容でした。

終わり方もよかったし、登場してきた人も良かったですし楽しませてもらいました。

もーし、まだご覧になっていない方は是非見ることをお勧めします!

 

ゲーマーのリョウ

 

おすすめ記事一覧

-映画

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.