個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

ゲーム

ゲーム攻略「シャドウバース」RAGE西日本予選優勝者デッキ考察

更新日:

どうもゲーマーのリョウです。

今回は、配信初期のころからやっております

「シャドウバース」

の現環境である「ドーンブレイクナイトエッヂ」(DBN)環境を先日行われたのRAGE西日本優勝者のデッキを紹介しつつ考察していきたいと思っています。

先日の5/12,13で新パックごとに行われている

RAGE2018SUMMER 西日本予選

が行われたばかりでして、OPENRECにて鑑賞しておりました。

約2000人の中からグランドファイナルに勧めるのはわずか2名と狭き門です。

その西日本予選の優勝者のデッキを以下に紹介し、個人的な考察等していきたいと思います。

・NINEVOICE選手

今回、台湾から来た二日目から参戦の招待枠の選手ですね。

使用デッキ①「ニュートラルウィッチ」

NineVoice選手 使用デッキ1(ウィッチ)

面白いところが、変異の雷撃を1枚採用している点ですね。あとは、イスラフィール、このデッキの要であるジンジャーを2枚で採用している点です。これはミラー対決で後攻を引いた時の動きを想定した採用のようです。

終盤ジンジャーを引けていなければ、このデッキの一番の強さでもある超展開ができませんがそこは割り切って、中盤を凌ぐためにヘクトル、幻影使い、プリスがそれぞれ3枚採用としています。

また、ベルエンジェルも2枚採用でリソースも尽きることなく、チャンスがあれば禁忌を発動できたりとジンジャー展開まで有利に試合を運べそうですね。

 使用デッキ②「ミッドレンジエルフ」

NineVoice選手 使用デッキ2(エルフ)

今流行りのミッドレンジ型のエルフですね。

ロキ1枚、エレファント2枚採用で主にニュートラルウィッチや教会ビショップなど強力な守護を突破し、フィニッシュをより意識した構成になっていますね。

また、ポーラネルシャを共に3枚採用で後攻時やミラー対決などよりコントロールできるよう構成されいるイメージです。実際トーナメント決勝では熱いミッドレンジエルフミラー対決を制してグランドファイナルへの切符を手にしました。

・ROXAS/POL選手

使用デッキ①「アーティファクトネメシス」

ROXAS/POL選手 使用デッキ1(ネメシス)

アーティファクトを主体としたネメシスです。このネメシス、今環境のトップと言われている「ミッドレンジロイヤル」に比較的有利と言われいます。そのため今回の大会でも使用率はなかなかでした。

デウスエクスマキナを置ければ超回転でアーティファクトを使って敵フォロワーを処理できます。そのため、ロイヤルの勝ちパターンである、アーサーからのスカイフォートレスをつぶしやすいんですよね。

更には、1枚で盤面全体除去してくれるマグナレガシーなど除去手段に関しては言うことないです。ジンジャーの超展開なんかも全除去したり。。プロリーグの神プレイ参考 ↓

かなりポテンシャルのあるデッキなんですが、共鳴の仕様もあって使いこなすのが難しいですよね。

今回デッキはサフィラ、レガシーともに2枚をフィニッシュも除去もそれぞれ意識した形になっています。また製造術生命の量産で共鳴状態もコントロールできる構成ですね。

ネメシスはまじでムズイ。。しかも試合自体長くなるから私は苦手です(笑)

使用デッキ②「ミッドレンジロイヤル」

ROXAS/POL選手 使用デッキ2(ロイヤル)

はい、きました。今環境の大本命。新パック配信当初からぶいぶい言わせているこのデッキ。

豊富なレジェンドが多く、必要エーテルは約65000と全盛期のドラゴンに負けないとんでもない豪華デッキです。

使用したデッキを見ると援護射撃バルバロッサが2枚づつ採用されていて、かなりロイヤルミラーを意識した構築になっていますね。

私もロイヤル使っていますが、援護射撃置かれてしまうを除去能力が格段に上がるので同じロイヤルだとかなりしんどいです。

ミラー先行ゲーとか言われたりしていますが、あながち間違いではなくいかに、アーサーたんを先に出して約束の地を目指せるかが鍵となっています。

そのため、コストを下げるガウェインは非常に重要で後攻ならキープしてもいいレベルです。

優勝者したこのかたも、相手がロイヤルの場合いかにガウェインに攻撃をさせないための動きをしていたようです。

アーサーによって、1体でもフォロワーが残れば、そこからスカイフォートレスで二枚の強力なフォロワーを作る動きがマジで強い。強いがゆえに対策も進んでいて、この援護射撃採用ロイヤルが残った、ということで東日本でも採用されたケースのデッキは増えそうですね。

以下、さわやか的考察

現環境はロイヤル、ネメシスが多少抜けてるとはいえ割とバランスよく(あの1枚ですべてをぶっ壊すバハムートたんが消えたからだろなあ、、)色々なデッキが使用されていて、どのデッキが優勝するのかと気になっていましたが、なんだかんだ今強いといわれている

「ミッドレンジロイヤル」「アーティファクトネメシス」を使用した人が一人と

「ミッドレンジエルフ」「ニュートラルウィッチ」を使用した人が優勝したということで

なるほどなーといったところです。

ただ、見ていて思ったのが今までの環境以上に「プレイング」が非常に重要になってきたということ。やはり終盤のミスひとつで負けたりとかいうのが今までより多く感じましたし、おそらく対戦する人のデッキタイプもバラバラなので毎回そのあたりをしっかりと意識して対戦する必要があると感じます。

個人的には、前回環境のバハムートドーン!ドロシーでパンパン!も嫌いではなかったけど、よりカードゲームらしさができる今の環境は面白いと思います。

かくいう、私も再来週の5/26,27にRAGE東日本予選への参加が決まっているので、1日4時間以上はランクマッチしております。

1試合長いし、勝ったり負けたりでなかなかあがらん。。

現時点だと、使用率の高そうなネメシスにかなりのアド(有利)が取れる「アグロエルフ」

やはり環境トップの「ミッドレンジロイヤル」、決まれば最強の「ニュートラルウィッチ」から悩んでいます。

大会まであと約2週間。死ぬ気で頑張りたいと思います。(まずはグランドマスターにならんとね。)

 

ゲーマーのリョウ

おすすめ記事一覧

-ゲーム
-, , , , ,

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.