個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

ゲーム

シャドバ BOS環境ローテーションTier1デッキ考察(ナーフ後) ロイヤル・人形ネメシス[第9弾 蒼空の騎士-ブリゲードオブザスカイ-]

投稿日:

どうも、ようやく新環境である蒼空の騎士にも慣れてきはじめました、ゲーマーのリョウです。

最近は、フォートナイトというバトルロイヤル系ゲームに手を出し始めてなかなかシャドバに触れなかったりもしたのですが、来週に行われるRAGE2018東日本予選に当選をしたのでモチベーションがアップアップしております。

早々にいくつかのカードがナーフされるという事態にもなりましたが(天狐は色々あかんかったね・・)今回はそんな今の環境をローテーションフォーマットで強いと言われているデッキを何個かピックアップして紹介していきます。

個人的にランクマッチで使用したデッキが中心で使用感した感じやデッキの回し方や戦略など含めて考察していきます!

シャドウバース新パック第9弾「蒼空の騎士-ブリゲードオブザスカイ-」考察

「シャドバ 新パック 9弾」の画像検索結果

出典:cygame.inc.

現時点(2018年07月26日時点)でのTier1候補デッキ

ミッドレンジロイヤル

デッキコードは こちら

はい、前環境の最強候補がまたしてもきました。みんな大好きミッドレンジロイヤルです。前回から猛威を振るっていたロイヤルですが、ガウェインやルミナスメイジ。ミラーマッチで大活躍の援護射撃などがローテーションから落ちることになって当初は多少弱体化かなーなんて思ってましたが、ふたを開けてみたら追加されたカードが色々ヤバく、ナーフされたのカードもなんのそので現役です。相変わらず安定した強さを誇っています。

このデッキの強み

とにかくフォロワーを横に広げ続けることができ盤面を常に優位な状況に置くことができる。相変わらず「騎士王・アーサー」の大量横展開からの「スカイフォートレス」での2枚岩の縦の動きにシフトするムーブは決まれば手が付けられません。

更には、今回の「蒼空の騎士」で追加されたレジェンドカードも超優秀。「真紅の穿光・ゼタ」は4コス疾走4/2という優秀なフォロワーをひぱって来てくれるし、「高潔なる騎士・レイサム」は8コスで出してさえしまえば攻撃の度、1コス疾走を出現させる。この二つと前回のレジェンド、「空の指揮官・セリア」がとんでのなくいいシナジー効果を生んでくれて、より理想のフィニッシュへとあなたを誘うであろう。

また、これまた追加カードの「ドラゴンナイツ」もまた強力で、この一枚をエンハンス8で使用することであらゆる形で対応してくれるし盤面の強化に一役買ってくれます。

とにかく理想的な動きさえしていれば、基本的にどのデッキに対しても戦える、現状で今環境の最強候補のデッキとなっています。

このデッキの弱み

基本的に隙のないデッキだと思っていますが、しいて言えば理想的なムーブができなければ弱いという点(まあ他のデッキもそうですが・・)このデッキ、それぞれのカード性能が高いため特別ドローソースのようなカードを採用していないため、基本的には持ってきたカードのみで戦うことになります。

そのため、序盤の強い動きであるマーズを置いてからの騎兵や、7ターン目以降のアーサーなどが決まらなければそこまで強固な盤面が築けず、築けば相手に付き合っている。という展開になってしまうと負けてしまっています。

負けパターンとして手札がかつかつになっているということが多いので必要な時に必要なカードを引けているかがかなり重要なデッキであると思います。

まあ、デッキ自体のバランスはすごくいいのでそのあたりの事故も他のデッキに比べて少ない気はしますが。

また、お互いじりじりの長期戦になるとプレイングがかなり重要になってきます。リーサルを狙えるパターンが他のリーダーよりも豊富なので終盤のリーサルを意識した盤面取りはなかなか難しいです。まあそこが面白かったりもしますが。

注目のカード

・「ドラゴンナイツ」

s5コスで出すなら進化権を使ったヴェインが強力。大体5/7で残るのし毎ターン回復されるのでかなり処理しづらいです。8エンハンスで出すなら、ジークフリードとパーシヴァルの組み合わせが強く6/4突進に4/5必殺守護のおまけつき。進化権なしでも超強い。また、疾走も選択できるのでリーサルの際にも役に立ちます。とにかくこれ一枚で利便性が高すぎるカード。

「真紅の穿光・ゼタ」

このカード自体は、6コス6/5突進であるが攻撃時に「ベアトリクス」という4コス疾走を手札に入れられることが優秀で、このベアトリクスは10コスエンハンスで使用することで守護をも無視できる。6ppの回復のおまけつきで。条件が攻撃することというのと一枚のみしか使用できない(ベアトリクスが墓地に行けばまた補充できます)が簡単な条件である。

 

戦い方

マリガン

先行時なら、2コスとアーサーはキープ。白黒もキープ。後攻時はランサーや槍使い、マーズ、騎兵など対応できるものをキープ。

回し方

PP通りにキレイにフォロワーを出していくのが理想ムーブです。なるべく盤面を強い形で意識しつつ先行時であれば顔へのダメージも徐々に詰めることもできます。あとは7ターン目にアーサーによる大量の横展開で圧倒しましょう。

注意するべきは対戦相手のAOE(全体除去)。今の環境のAOEはほとんどが全フォロワーに3ダメージなので進化権などを使用してなるべく4以上の体力が残るよう調整しましょう。

終盤はあと何点で勝てるかを常に意識すること、ときには相手のフォロワーに付き合わない。という選択肢も重要になってきます。

 

個人的考察

使ってみた感じ「強い」です。使用感も何個かのカードの入れ替わりがありましたが前環境のミッドレンジロイヤルとそこまで動き方は大差ないので扱いやすいと思うプレイヤーも多いと思います。

体感このロイヤルが一番安定した勝ちになってると思います。場合によってはマーズのおかげで序盤の盤面でほぼ勝ち状況を作れることもでき、まあ隙がないですね。

ただ、やはり除去が得意なビショップは厳しいかもしれません。ドラゴンに関してはまあマグナスさんが仕事するので問題ないですね。たまにシャルロッテとかいう進化したらマグナスになる子もいてドラゴンなど使用しているストレスがヤバいです(笑)

 

人形ネメシス

デッキコードは こちら

もともと、大量の打点が飛ばせるノアには注目されたこの人形型のネメシスだがなかなかそこにたどり着けるには至らなかった。だが、今回の「蒼空の騎士」にて人形にとって大変使いやすいカードが登場した。これによって一気にデッキパワーがアップし、蒼空の騎士リリース時には天敵であった天狐ビショップもナーフが行われ使用数が減ったこともあり現在ではTier1デッキとして多数のプレイヤーに使用されている。

このデッキの強み

8ターン目、9ターン目での「人形の少女・オーキス」、「復讐の人形遣い・ノア」のよる大量打点でのリーサルが魅力のこのデッキ。ダメージはMAXで復讐オーキスで9点、ノアで11点叩きだせます。

その圏内までダメージ削りには操り人形との相性が抜群な「奮励の儁秀・シルヴァ」が大活躍してくれます。序盤からアクセラレート3コスで使用することで、毎ターン1ダメを出してくれて築けばリーサルということも多いです。

また、盤面を取るうえで欠かせないのか、新カードの「立ち上がりし鋼の戦士・シロウ」。声や出で立ちだダサかっこいい彼ですが、その性能は破格で5/5の守護である「ロボミ」を出してくれます。エンハンス8だと両方どんと出るため一気に盤面を強くできます。7ターン目でノーマルシロウを置いておくと8ターン目にはどえらい盤面になってたりします。

そして前述したミッドレンジロイヤルとの相性がいいのが「外界からの侵略者・バジリス」です。進化で相手のフォロワー3コス以下をすべて消滅とこれまた破格の性能。アーサーに対して強力にメタってくれます。ありがとうバジリス。そりゃみんなひれ伏すぜ。負けボイスはとんでもなくダサいけど。

「バラケスス」なんかも進化後の効果が協力で操り人形やハーメルンとの相性も抜群です。

一見、アグロ寄りのダメージ詰め重視に見えて対応もしっかりできるのがこの人形ネメシスデッキの魅力ですね。

このデッキの弱み

ダメージレースを制していくデッキであるため、「先行」かどうか。が非常に重要になってくるデッキだと思います。特に最近は人形ネメシスを使う方が多く、ミラーマッチにもなりやすい状況なので割と最初の先行か後攻かではっきり有利不利が付いてしまいます。

あとは、最後のリーサルに向けてダメージを取れる手段が相変わらず乏しく、「奮励の儁秀・シルヴァ」を引けていないときなんかは結構しんどいです。またドローソースにも乏しいので長期戦にはめっぽう弱いです。ビショップなんかはかなりきついと思います。

これはどのデッキのも言えるかもしれませんが、リーサルに向けての計算をしっかりとする必要があり一つのミスが即負けにつながるので一つ一つのプレイングが非常に重要になってきます。ミスすると取り返しがつきません。

中盤の盤面の取り合いなんかは、選択肢がかなりあったりするので色々と頭を使うデッキです。

 

注目のカード

・「奮励の儁秀・シルヴァ」

なるべく早い段階でアクセラレート効果を使用したカード。このカードを使っているかどうかでかなり勝敗は変わってきます。先行3ターンで使えさえしてしまえばかなりの確率で勝てます。また、遅く来たり重なっても6/5潜伏という非常にやっかいな性能なので使い勝手はかなりいいです。絵がカッコいい。

「立ち上がりし鋼の戦士・シロウ」

「新しい技術見せてやる!」「ギガントソード!」とダサいセリフでおなじみの彼ですが。その見た目とは裏腹にとんでもなくいいの連れてきます。3ターン後に5/5守護をタダで出してくれ築けば「うわ、この盤面強すぎ・・」になっています。これまた先行4ターン目で出してしまえば相手の7ターン目にはどえらい盤面になります。こいつ強すぎるよ。。ありがとうロボミ!

 

戦い方

マリガン

先行時なら、シルヴァ、シロウはキープ。後攻時はシルヴァ、すり替わりなど。そちらも2コスはなるべく残しておきたい。

回し方

序盤は以下にシルヴァを早く使えるかにかかっている。あとシロウも置けそうであれば5ターン目までには置きたい。遅いとそれだけアミュレットなので邪魔してしまいます。

中盤では、進化権を使ってよりいい盤面で返していく必要があり、「バラケスス」「イカロス」でいいトレードをしていこう。隙あらばドローソースにもなるかわいいかわいい「神秘の番人・スピネ」を置いていきましょう。

終盤はオーキスやノアを使った、リサーチをしっかり計算することが大事です。進化権が残っていて盤面空ならノアで13点まで出ます。ミスしたら負けるのでちゃんと計算。時には受けが必要になってくる場面もあり、「決意の少女・オーキス」の出番もなかなか欠かせません。特にミラーマッチでは絶大な強さを誇るのでリサーチに捕らわれず時には決意オーキスをチョイスしてあげましょう。決意オーキス可愛いすぎ!

 

個人的考察

使ってみた感じ「爆発力がとんでもないデッキ」です。盤面の取り合いにも意外に長けていてどのデッキに対しても割と行けます。案外、最強の可能性ありますね。

もともと人形ネメシス好き(オーキスが好き)だったのでここまで強くなって実践向きのデッキになったのがすごく嬉しいです。

ただ、相手がロイヤルやビショップなど長めにやってくる相手だとかなりのプレイングが要される印象です。粘って、相手の横展開にも耐えてリーサル!の瞬間はほんとに気持ちいいです。

あとは、シルヴァ、スピネ、オーキス。と萌え豚要素全快な点も高評価です。みんな大好き。

 

 

一旦は上記2デッキですが、今後もデッキ触ってみて追加予定です。現在グランドマスターへチャレンジ中なのでそちら落ち着いたらまたあたらめて色んなデッキ使ってみようかと。

今はとにかく、グランドマスター昇格。あとはRAGE予選突破!を目標に励みます!!

 

ゲーマーのリョウ

 

おすすめ記事一覧

-ゲーム
-, , , , ,

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.