個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

未分類

日本で働くということについて。

投稿日:

どうもゲーマーのリョウです。

今回は、日本における

「働き方」

についてを書いていきたいと思っています。

先日こんな記事を発見しました。→ 日本がアジアで働きたくない国1位に選ばれた件

日本という国は、世界的に見ても労働大国の国として認知されているようで、サービス残業、ブラック企業などというワードも生まれてくるくらい、仕事に対するイメージがよくない国ともいえるかもしれません。

皆さん、今の仕事は楽しいですか?

大半の方はNOと答えるのではないでしょうか。自分の仕事が楽しくてやりがいを持ちながらやっている方も中にはもちろんいると思います。

ただ、私の場合、「No」でした。

朝早くから起きて満員電車に揺られて、概ね9:00~18:00までは働く。もちろん残業も多くて場合によって終電帰りもたまにある。

そして、土日は体を休めたり仕事のストレスを発散するために使う。。

これって何のために生きてるんだろうって思うことがよくあります。ただ意外と働いているときってそれがマヒしてしまってそういった感覚がなかったりするんですよね。

もちろん、仕事が楽しい。

家族のために働く。

こういった人もたくさんいるかと思いますが、私は違いました。

私は経歴にあるように(プロフィール参照)ITエンジニアを中途の未経験からやっております。

やはり、ITの世界忙しいときは多々あって残業って多いんです。仕事内容的にはたしかに難しい内容ではあるんですが、やれない仕事はでは決してないんですよね。ただ、これはどこでも同じかもしれませんが、コミュニケーション力は割を必要でした。

まったくやりがいがない。というわけでもないんですが、なんとなく

「これやってて意味あんの?」と思うことのが多くて、非常に自分の時間が無意味に削られているような感覚になるんですよ。

なんていうか、それこそ会社のために時間を使っている。という感覚ですよね。まあそれを対価に毎月決まったお給料を頂いていて、それが日本でいう働いていることに該当すると思うんで。

それこそ仕方なく働いている人たちは言います。

「やりたいことを仕事にしている人なんて少ない」

「お金を貰っているのだから、仕方のないことでしょ」

「仕事は仕事だと。割りきってやるしかない」

これって、本当にそうなんでしょうか?

実際問題、そうやってやりたくないことをしている。仕方なく働いている人がその言い訳として言っているように聞こえてしまいます。

最近読んだ本の中にもそういったことを書かれていて、極論すると「やりたくもない仕事はするな」とか「自分の本当にしたいことに正直になって努力をすればそれがお金を作る仕組みを作る」などといったことが大いに書かれています。

ホリエモンの多動力

アラン・ピーズのブレインプログラミング

こういった内容すべてを鵜呑みにするのは危険かとは思います。なぜかというと彼らはいずれも世間的に言う成功を収めているのでそういいった観点でないと言えないことやできないことも多いからです。

しかし、実際問題彼らほどとは言わずともそれなりに成功をして、自分のやりたいことを実現しながら生きているという人は世の中には割といるということです。

今でいうと、

Youtuber、プロゲーマー、ブロガー

など自分のやりたいことや伝えたいことを仕事にしてお金をそれこそ普通の人より稼いでいる人は全然います。

レペゼン地球というグループのこんな動画なんか非常に面白かったです。(生き方的とか考え方とか)

→ 好きなことで、生きていく

 

いまでは、クラウドファンデングでいろんな人から融資してもらってやりたいことを実現しやすい世の中でもあると思います。

私の場合は、映画、ゲーム、温泉、ラーメン

といったところでしょうか。

それこそ、それらを本やブログなどで紹介してお金をもらったりしている人はいますよね。

それを頭から自分には無理だ!と言っているとなにもできませんよね。

とはいえですよ。はやり生活していくためにはお金は切っても切れない存在ですからね。

ただ、もし自分がやりたいことがあるなら、それがいくつになってもどんな状況でもやれるのでは思うんですよね。

幸い今の私は、結婚もしていない。仕事もしていない(やばいやつ)でかなり自由な状況です。

就職活動ももちろんしているわけですが、なんていうか、ここで働くのかーってなるとわくわくしないんです。

とはいえ生活資金は確保しないといけません。トホホ。。

そこで!自分が思い立った考えが、

フリーランスのエンジニアとして働く

ということです。結局ITの業界っていうのはプロジェクトごとに人はお金が動いているので、そのプロジェクトを選べるという点、やりたい技術や面白そうな案件を選べる点。比較的時間もありそうだし、年収も頑張り次第で結構貰えそうなんです。

とはいえ、会社勤めと違って甘いことだけでなく、保証もないし各種もろもろの手続きも自分でやらないとならない。

まあ、それも一つの勉強になるとも思うんですよね。

そして、空いた時間で起業や勉強のための時間に充てる。というのが割と現状ベストな選択かと思っています。

これを本日、親に相談したら猛反発を受けましたw

はやり親からしたら不安定なフリーなんてと思うだろうし、社会的な補償や厚生年金もないんだしできちんと将来のことを考えるなら正社員でいるべき。

と言われましたが、ここで折れては覚悟が揺らぐので、なんとか自分の想いを伝えることができたかと思います。

親にはいままで迷惑をかけてきてしまったのに申し訳ない気持ちもありますが、むしろ自分自身の生き方に後悔したくないし、やりたいことを、自由を勝ち取るためにも一種の所信表明として、ここにも残しておきたいと思います。

実際、働いてみてのこととか、自分が作ってみたいサービスなどのことなども今後記事にしていきたいと思います。

 

ゲーマーのリョウ

 

おすすめ記事一覧

-未分類

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.