個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

ゲーム

ゲーム攻略「シャドウバース」DBN環境 アグロエルフ、ニュートラルウィッチ(ジンジャーウィッチ)考察

投稿日:

どうもゲーマーのリョウです。

今回は、今週の5/26,27にRAGE東日本予選を控えております。

「シャドウバース」

の攻略として、私が予選当日に持っていく予定のデッキを紹介しながら

今の環境の予想や立ち回りなど紹介していきたいと思います。

ようやく、一昨日くらいに「グランドマスター」昇格しました。長かった。。

現時点でかなりやり込んでいて、これから紹介するデッキを主に使ったので実績としては申し分ないかと。

なにより、称号がもらえるのと次回新パックが10個貰えるのは大きいですね。

あくまで今月の話ですが、月間のポイントランキングでもMP10900で717位とまずまずかなーと。(ダウンロード数1800万でこの順位は正直嬉しい。)

ただ、アクティブユーザーの減少や最近ではガチプレイヤーは

Rating for シャドウバース というランキングサイトを使用しているという話もあるためこの数字を真に受けるのは危険ですね。

まあ、グランドマスターになっただけでも自身につながるので、まずはなれてよかったというところです。

さて、さっそくでデッキのほう紹介していきます。

※現時点での構築なので大会まで調整して多少内容は変わると思います。

①アグロエルフ

デッキコードはこちら

デッキ採用理由

・東日本予選で多くみられるであろう、ニュートラルウィッチに有利がつく

・ミッドレンジロイヤルに唯一有利がつくネメシスに大幅有利。

・先行を取れればミッドレンジロイヤルや教会ビショップなど多くのデッキと渡り合える。

茨の森対空射撃の存在によって、盤面を有利な状況に持っていきやすい。

イピリア、妖精の使役者のよって大ダメージを狙える。

このデッキの弱点

・後攻を引いてしまうと相手に付き合う場面が出てきてしまい、ダメージを出しづらくなる。

・ミッドレンジ以上のエルフにとにかく弱い。回復、守護のエリン、イピリア含む盤面全体除去のカシオペアなどかなりきつい。。

・プレイングが意外と難しい。茨での盤面制圧を行わないといけない場面もありただ顔へというわけではない。

マリガン

先行

・1コスを全力で狙う

・v狙い。

・フェアリーウィスパラー、2コスフォロワーも余裕があればキープ。

後攻

・森荒らしの報い、インセクトキング、対空射撃など返せるカードを狙う。ただし、相手がビショップやウィッチやドラゴンなど遅いデッキなら無理して持つ必要はない。

・こちらも相手がエルフ、ネメシスなら茨の森、スターリーエルフ。

・2コスも余裕があれば。

デッキ考察

先行なら、如何にフォロワーを横展開して顔へのダメージをあたえていくか。また、相手もアグロエルフなら茨でいかに盤面有利を保てるかにかかっている。後攻ならうまく場面を制圧しつつ、イピリアや使役者でのリーサルを狙う。

また、進化ターンなど相手に処理させるタイミングで茨を置いておけるかも大事。そうすることで対空射撃やレーネ新化で取りやすくなる。

ロイヤル戦は、アーサーや槍使いエンハンスが来る7ターン目までのうまくリーサル圏内までもっていくこと。イピリアの存在が勝負を分ける。

ミッドレンジエルフに関しては本当にキツい。。そのため、エリン対策としてイピリアからの本能の開放や進化で6/6のスクナをピン刺ししている。ただ、結局カシオペアで積むので難しい。序盤も茨で盤面を取り合うのでダメージを取りづらいとにかくきつい。できたら当たりたくはない。

ネメシスに関しては強力な守護もいない。回復もない。茨でアーティファクトがごみと化すので超有利だと思う。

②ニュートラルウィッチ(ジンジャーウィッチ)

デッキコードはこちら

デッキ採用理由

・とにかく9ターン目のジンジャーからの高コストフォロワーを展開するのが強い。あれを返せるのは現状、ネメシスとドラゴンくらいに思う。

・序盤、中盤は禁じられた禁忌やヘクトル、プリスなどで相手のフォロワーを除去する選択肢が豊富にあり、横に展開するデッキであるロイヤルやネメシスにも割と五分以上で戦える。

・リソースを確保しながら、最終局面までもちこめばどのデッキにも負けないデッキパワーを持っている。

・アグロエルフの天敵であるミッドレンジエルフに大幅な有利を取れる。

・エルタの採用により、ミラーマッチの後攻。ドラゴンやネメシスの全体除去への対策ができる。

・幻影使いの効果によって、10ターン目ゼウスなどの強力な動きが可能。

このデッキの弱点

・禁じられた禁忌の効果を発動しないと横展開に非常に弱い。

・アグロタイプのデッキや早めにダメージを詰められると9ターンを迎える前に圧殺されてしまう。

・手札調整を行いながら戦うのがやや難しい。

・ジンジャーとそれを利用した大型フォロワーを抱えていないと肝心の9ターン目の一番強い動きができない。

・対ミラーマッチの際、後攻だとエルタなどを使用しないとかなり厳しい。

マリガン

先行

・2コスとドローソースである、グリモワール、純真などを狙う。

・相手がアグロっぽいタイプなら禁忌とドローソースを狙いに行く。

・ミラーならジンジャーキープも個人的にはありかと思う。

後攻

・基本的には先行と同様にドローソースカードを狙う。

・禁忌は後攻進化で使いやすいししプレッシャーになるのでキープ。

・相手がウィッチなら、ギガントキマイラでもニュートラルウィッチでもエルタの効果を使用したいのでエルタキープ。

デッキ考察

 

ミッドレンジエルフやビショップなどのコントロールタイプには圧倒的な強さを誇り、ジンジャーが決まればバハムートのような全体除去のカードがない今、最強クラスの火力を誇る。

マグナレガシー、狂えるドレイク、ギガントキマイラなどの全体除去に対しても進化権を温存すれば積ませることができる。

あとは、ロイヤルのアーサーに対しての対応として、禁忌をうまく使って奇麗に返すこともできる。6ターン目以降禁忌、グリモワールがあるなら、アーサーを返す手段として、序盤で切らずに温存しておこう。

5ターン目以降は除去できるカードがたくさんあるので、いかにそこまでダメージを減らせずに立ち回りできるかを考えてプレイすること。

進化権使用の際もあとの展開も考えて今切る必要があるかしっかり考えよう。エルタの存在で相手を積ませることもできるのでこのデッキに進化権は非常に大事である。

まとめ

先日、シャドバ仲間と対戦会もしたのだが、今の環境はかなりの相性ゲーになっていて、比較的ロイヤルが不利が少ないが有利と不利がはっきり分かれている組み合わせが多い。

この、2つのデッキを持っていくのもその相性をうまくかわせれるようにするためでもあります。ロイヤルに関してはアグロエルフはややきついもののどちらも勝てるデッキパワーがあると思っています。

また、いままで以上にプレイングに差がでる環境になっていると思うので非常に面白いけど、一戦一戦すごく疲れます(笑)

なんとか、今週の大会でいい結果を残して名を上げたいものです!

 

ゲーマーのリョウ

おすすめ記事一覧

-ゲーム
-, , , , , ,

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.