個人的趣向でゲーム、アプリ攻略や映画批評、体験談など掲載しているカルチャーなコラムです。

カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム

ゲーム

【DBD】新キラー スクリームコラボのゴーストフェイス攻略固有パーク。使ってみての能力や対策、強さまとめ

投稿日:

(当記事は2019年6月30日に作成されました。)

デッドバイデイライトBP2倍中だけはガチで頑張るエンジョイ勢のさわかぜです。
今回は、6/18にアップデートされた、映画スクリームとのコラボレーション新キラー「ゴーストフェイス」を実際に使ってみたので強い部分など所感でお届けします。
デッドバイデイライト サバイバーエディション(PS4版)↓

ゴーストフェイスの能力「闇の包容」

ゴーストフェイスは心音範囲がゼロになる 
・能力中、しゃがみながら移動することが可能
・各サバイバーには凝視ゲージが付与され、貯まるとワンパン状態となる
・能力にはクールダウンの時間が存在し、クールダウン中はしゃがむことも不可能に
・サバイバーはゴーストフェイスを1秒間視界に入れると、ゴーストフェイスは心音範囲が32メートルになる

ゴーストフェイスの固有パークについて

I'M ALL EARS(地獄耳)
・ゴーストフェイスの心音範囲外で音の出るアクション(発電機を爆発、走って窓枠を越えるなど)を行った時、サバイバーのオーラを6秒間の間可視化する
・再発動には60/50/40秒のクールタイムが必要

THRILLING TREMORS(戦慄)
・サバイバーをキャッチした時またはダウンしたサバイバーを担いだ時、マップ上の触られていない発電機全てを16秒間の間、修理不可にする。
また、ブロックした発電機は白いオーラで表示される。
・封印された発電機は白いオーラで表示される
・再発動には100/80/60秒のクールタイムが必要

FURTIVE CHASE(隠密の追跡)
・オブセッションのサバイバーを吊るたびにトークン獲得、トークンが溜まる度にチェイス時の心音範囲が4mずつ減少
・トークンは最大2/3/4で最大効果は16m
・オブセッションは救助したサバイバーに移動する
・オブセッションのサバイバーが死亡するとトークンは全て無くなる

使ってみて強いと感じた部分

特殊能力の「闇の包容」の脅威範囲ゼロ効果が非常に面白いです(笑)かなり至近距離まで言ってもバレていないことも多く
「このプレイヤー今相当ビビっただろうなあ」

という感じがハマります。特にジェネレータを直しているのに夢中になっていたり、呪いのトーテムの破壊に目が行ってしまっていると後ろからそのまま掴めてしまうことも結構ありました。


また、能力のステルスモード中は「シェイプ」のように相手をボタンで見つめる(つけ狙う)ことで一定のゲージを稼ぐ頃ができれば相手を一撃ではいずり状態にできる無防備状態になります。更にはピッグのようにしゃがみ状態になれることもできるので、隠れながらゲージを溜めてワンパンでダウンさせる戦法となります。

ただし、このステルスモードは解除条件があり、

・サバイバーに一定時間見つめられる
・通常攻撃を出す

などすると終了します。攻撃は出さなければいいだけですが見つかってカメラを合わされれば解除しただのノーマルキラーとなってしまうので、うまくばれないようにゲージを溜めましょう。

物陰から覗くでサバイバーを見つめられれば一瞬でゲージがたまるのでうまい人は使いこなせれば強いかも。筆者は難しくてできませんでした。

相性のいいパークは?

ゴーストフェイスの固有パークに関しては、戦慄以外は正直微妙な気がしました。戦慄は修理の遅延と修理されているジェネレータ=生存者の位置察知ができる優秀なパークな気がします。

やはり、修理遅延パークの破滅。呪いのトーテムもステルスモードをうまく使えれば発見されても守れる場面もありそうです。

最終局面でのノーワン(誰も死からは逃れられない)もステルスモードとの相性がいいです。
その他はあまり、キラーのパークを使いこなしていないためわかりません・・。

ゴーストフェイスの攻略とサバイバー時の対処方法とは

「ゴーストフェイスだとわかったら周りを常に警戒すること」です。

ステルスモード中は心音が聞こえないため、心音に頼らず周りをカメラでなるべく見ましょう。また、至近距離になると特殊な音が聞こえるので、それが聞こえたらすぐさまゴーストフェイスの位置を特定しましょう。

そして見つけることができたら闇の包容解除のため一定時間ゴーストフェイスを見ましょう。実質的にサバイバーから自発的に解除する方法はこれしかないのであせらず解除。キラーを見ずにただ逃げ回っていると無防備となりゴーストフェイスの餌食になることでしょう。

・固有パーク対策として
騒音はなるべく立てないように。
また、他のサバイバーが瀕死状態になったら一旦ジェネの修理を止めましょう。一時的に修理はできなくなりますが、位置を特定されるよりはましなので少しの我慢です。

ゴーストフェイスの総評

・使いこなせればかなり強そう
・低ランク帯など対初心者戦では猛威を振るう

この新キラーぶっちゃけかなり強くない?という感じです。
まだまだ対策不足なせいか、かなり無防備状態にいれることができ結構なサバイバーをエンティティに捧げることができました。

しかし、対策された解除されることが多くなると強みも生かせないため微妙かもしれません。ただ、脅威範囲がないのは相当強いです。レイスと違って解除されてもスピードは遅くはなりませんし、とりあえず殴れます。


サバイバーの発見、無防備からにワンパンとうまく立ち回ればかなりやれそうな感じです。PTBでは相当弱いとの噂でしたがさすがは大人気映画とのコラボ。なかなか面白い能力と強さになっていると思いました。

たまにはスト5ランクマのイライラをこのゴーストフェイスで鯖やっちゃって晴らしていきます。


さわかぜ

おすすめ記事一覧

-ゲーム
-,

Copyright© カルコラ ゲーム、映画、体験などをまとめたカルチャーコラム , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.